キナリ

タケヤリ帆布 ボディバッグ

税込 15,400 
キナリ
IK13_01_9301
在庫あり
+
ほしい物リストに追加

サイズ 横幅:17cm、高さ:32cm、マチ:11cm
素材 タケヤリ帆布、栃木レザー
※付属パーツについては別布の綿テープを使用しています。
仕様 外:ファスナーポケットx2
内:オープンポケットx1
重さ 約512g
ポイント 「四角」「箱型」にこだわった収納力抜群のバッグができました!
100年以上の歴史がある「タケヤリ帆布」と「栃木レザー」が年月を重ねるごとに味わい深く変化していきます。
マチを大きく取った箱型のボディショルダーは小さいながらもたっぷりと物が入る優秀バッグ!
本体と同じ四角いポケットにもこだわりが…。
両開きのファスナーで、右を上にしても、左を上にしても中のものが落ちることなく開閉できます。外ポケットはちょうどiPhone7 Plusがケースなしで入るサイズ。
ショッピングにも、ちょっとそこまで、にも大活躍間違いなしです。


●コンセプトは「四角」「箱型」。

以前池田屋で企画し販売を行っていたバッグの型を増やして復刻した「タケヤリシリーズ」。

復刻の際に素材にもこだわり、『タケヤリ帆布+栃木レザー』という

こだわり派必見のバッグが誕生しました。

「箱型は空間効率がもっとも良い」ということにこだわったバッグは見た目以上に大容量。

正面デザインは全型共通です。


●風合いや手触りが

使い込むほど自分に馴染む。

日本国内に流通している約7割が岡山県倉敷市で生産されている帆布。

帆布とはその名のとおり「船の帆」に使うための布として作られたのが始まりで

平織りの厚手の布を指します。


その中でも「倉敷帆布」と呼ばれる帆布のひとつである『タケヤリ帆布』。


100年以上続く職人の技術と世界中でたった1台しか動いていない

ベルギー製の重布専用高速織機で織り上げた帆布は

通常の帆布と比べて高密度で風合いや手触りが圧倒的に良いのが特徴です。


●驚きなのは糸の太さ。

タケヤリシリーズにはこのタケヤリ帆布の4号帆布を使用しています。

「号」は糸の太さを表し、数字が小さいほど太い糸を示します。

9号、10号の糸の帆布を使用したバッグが多いですが、

今回はあえて「4号」という太い糸の帆布を使用しました。

糸が太くなることで丈夫さはもちろん、見た目の風合いも際立ちます。


また、この商品に使用されている帆布は「無漂白」のもの。

素材に混じっている茶の粒は「綿実(めんじつ)」と呼ばれ、これもまた無漂白の証です。


ファスナーの引き手、持ち手などのパーツには「栃木レザー」を使用。


年月を重ねるごとに味わい深く変化していくレザーパーツと

風合いの際立つ帆布だからこそ、長年愛用するうちに自分に馴染む

たったひとつのカバンへと変化していきます。


●コンパクトなのに大容量。

小さいからと言って侮るなかれ。

マチをきちんと取ったボディショルダーはこんなに荷物が入ります。

財布、ポーチ、ノート、そしてなんと、水筒、折りたたみ傘まで!

コンパクトなのに大容量のボディショルダーは


ショッピングに、「ちょっとそこまで。」のお出かけに、大活躍間違いなしです。

投稿はありません

レビューを書く

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元